2013年09月21日

中秋の名月

昨晩は中秋の名月でした。帰宅が遅かったので家族でお団子食べて・・・
とはいきませんでしたが帰宅後にベランダから見える月を写真に収めておきました。

中秋の名月とはいうものの満月とは限らないんですね。
たまたま一昨年、昨年、今年は丁度満月だったらしいんですけど、次回の中秋の名月で
満月の日、というのは八年後らしいです

20130920_1.jpg

月って年に数センチずつ地球から離れているそうです・・・・。
posted by めぐりん夫 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

燻製づくり

台風で予定していたキャンプが中止になったのでベーコン用に仕込んでいた肉を川原でかるくやっつけてきました。。。

ということで我が家のベーコン造りの工程を簡単にまとめてみます。

1. 肉の準備
豚バラ、肩ロースなどお好みの肉を購入。安いもので問題なし。

2. 肉の処理
水であらってキッチンペーパーなどで水けをとり、フォークで穴をブツブツあける。

3. 塩を塗る
1kgの肉に対してあら塩40g、砂糖10g程度を準備して肉にまんべんなく塗る。

4. 保存
ジップロックなどに肉と、好みでハーブを入れる。

5. 冷蔵庫へ
冷蔵庫を保存すること5日程度。1日おきに肉をひっくり返す。

6. 塩抜き
ボールに入れて流水にさらして塩抜き。2〜3時間が目安。
端を切って焼いて食べてみて少し薄いなと感じるていどがちょうどいいかも。
20130914_0.jpg

7. 乾燥
燻す前によく煙が肉につくように乾燥。1時間程度。
20130914_1.jpg

8. 熱燻
好みのスモークチップで熱燻。100〜120度程度で2時間くらい。
201110124_2.jpg

20130914_2.jpg

キャンプなどですぐに食べたい場合はそのまま切って炙って食べることもあるけど
少し我慢して1晩おいてからの方が肉も落ち着いて美味。

よく燻された肉は少量でも料理全体によい香りが広がるので、そのまま肉を食べるよりも
食材として使った方がいろいろと楽しめる。
20130914_3.jpg


ということで我が家で薫製するときに使用するのはコレ。


チップはウイスキーオークやヒッコリーが好み。混ぜて使う時もある。




posted by めぐりん夫 at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

夏休みキャンプ

相変わらず久しぶりの更新です。

夏休み恒例のキャンプ報告です。

今年は野麦峠付近へ3泊4日のキャンプ。

酷暑の夏でしたがここは標高も高く朝晩はやや肌寒いほど。

初日は取りあえずテントはって夕食作って就寝。
2目は飛騨高山・飛騨古川散策。
キャンプ場から1時間ほどだけど、さすがにここは山から下りたところなので
30度以上で酷暑。

そんな場所からキャンプ場へ戻ると涼しくてホッとしますね。

で、そんな状況で夕食の準備。こんなチーズも燻製にするとビールのお供に最高デス。

単なる6Pチーズが、、、
20130904_4.jpg

1時間ほど燻すと、、、
20130904_2.jpg
最高のおつまみに。

夜はやや肌寒くなるので焚き火がちょうどいい感じ。
20130904_1.jpg


真夏の下界にくらべて5度〜10度ほど気温の低い乗鞍は真夏でも焚き火で
癒される気候なのでした。
20130904_3.jpg
posted by めぐりん夫 at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。