2019年10月18日

東京五輪マラソン札幌開催問題の日本サイドの黒幕は森会長だったか・・・

東京五輪のマラソン・競歩のコースが開催都市の東京からまさかの札幌へ変更という前代未聞の出来事。昨日は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の日本の意向を無視した独断的な決定かと思われたけど実は日本側の黒幕は森喜朗だったとは・・・。もう札幌開催はほぼ確定のようだから何を言っても覆らない感じ。マラソンは東京のコースを想定してこれまでMGCを戦ってきた選手ばかりなので札幌開催はあまり望まないかもしれないけど、競歩で先日世界選手権の50kmで優勝した鈴木選手は日陰の全くない皇居周辺のコースではなくもっと日陰の多いコースを望んでいたので今回の札幌開催はメダルを獲るにはプラスに働くのではないかと思う。開催都市の都知事である小池知事に対して全く敬意を払わない森会長。2人の対立が今後どういう動きを見せるかが興味深い。

そんな開催まで1年をきったこの時期に勃発した札幌開催問題。デーブスペクターでTwitterで面白い投稿をしていた。
「北海道でマラソンやったら優勝者はサッポロ一番になる。」
確かに。

本日は降雨の為ノージョグ。

本日のジョギング 0km


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
posted by toru_me at 21:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | ジョギング | 更新情報をチェックする