2006年07月16日

でました

我が社で取り扱っているCGソフトウェアのバージョンアップ版リリースを
記念してのイベント。日本のCG業界を担うクリエイターの方々が多数
来場されました。三連休の初日にも関わらず数百人の方々が集まり、
その熱心さに驚かされます。
0715_0.jpg

普段われわれが何気なくみているCMや映画などに、今の時代CGが使われて
いないことはほとんどないといっていいでしょう。
いかにもCGといったものから実写にしか見えない映像まで、非常に様々な
シーンでコンピュータグラフィックの仕事が見え隠れしているのです。
数秒のシーンに数週間、数ヶ月費やしたり、1つの作品に数年もの歳月を
費やしたりするのは当たり前の世界です。
クリエイター達の作品・映像自体は華々しくても、その制作過程は非常に
地味で根気が必要です。はっきり行って泥臭い事ばかりです。

我が社(部)はそんなクリエイターさん達の道具を提供し使い方などをサポート
するのが主な業務です。大工さんでいうとのこぎりや鉋を提供している
感じでしょうか。

今回はそんな道具の1つがあたらしく進化したぞっ、使いやすくなったぞ、
こんなすごいことまで出来るんだぞっ、買ってちょうだいっ、という事を
アピールするイベントなのでした。


posted by toru_me at 01:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。